« ごあいさつ(ペコリ) | トップページ | 《升級版 4147》の頃... »

2006/05/24

出逢い 《音楽密碼》

Musiccode胡彦斌さんとの出逢いは2006年4月、瀋陽(中国・遼寧省)

もちろん、彼の音楽との出逢いって意味ですが。
あれれ?“(ハート)”使ってる時点でヤバいですか?
落ちてますか??? ワタシ (^^;

いえ、正確にいうと3~4年くらい前にも聞いたことはあったんですが、大連のタクシーのラジオで流れていたり、地下街のBGMで流れていたり、出張先の会社のコのCDに入っていたり...というレベルで、あまりまともに聴いたことは無かったんです。
今まで意識下に有ったのは去年聞いた「Waiting for you」 とかかな。最初は誰が歌っているのかもよく知らなかったけど、後に胡彦斌さんだと判明。でも、これって普通に上手い(←ヘンな表現ですが)って感じだったので、引っ掛かりがそれほど強烈じゃなくって。あと、申し訳ないけど「ジャケット買いするようなCDじゃなかった」し(笑)

あぁ、今にして思えば、もったいないことしてたのかな~、なんて。

でも、当時はやはり聴き始めてホレこんだ周杰倫さんに夢中まっしぐら状態(笑)だったんで、他に目が行っていなかったのも事実。そんな余裕まったく無かったし。
今はすっかり「自称・“浮気者”の周杰倫迷」ですが(爆)

ともかく、出逢ってしまったのです! 胡彦斌さんの歌声に、音楽に。。。

スーパーにて何気なく手にした《音楽密碼》、帰国後に聴いてみたら、もうっっっ
「すっげ~!!」
あふれる才能、わしづかみにされたワタシのココロ。
どうしてくれるんですか!?彦斌さん!いやここはもう「斌斌」と呼ばせていただこう。なれなれしくってスミマセヌ。

それなりにいろんな中華圏の人の音楽を聴いてみたつもりだけど、大陸にこんな人いたんだ~と感激。このアルバムって、ほどよく“中華味”なので、中華圏の音楽に慣れてきた頃に聴くと、また染み入ってくる感じなのよね♪

ファースト・コンタクトの衝撃のまま《音楽密碼》 ヘヴィーローテーション! そしてその勢いで“彦斌週間”いや“彦斌月間”に突入したのであった。。。

|

« ごあいさつ(ペコリ) | トップページ | 《升級版 4147》の頃... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごあいさつ(ペコリ) | トップページ | 《升級版 4147》の頃... »